便秘解消について

便秘とすっきり感

便秘に悩んでいる人はとても多く、特に女性では半数以上が自分は便秘だと思っているというデータもあるそうです。
しかし、さまざまな便秘解消法に取り組んでいる女性の中には、実は本当は便秘でない人も少なからずいるのも事実です。
「便秘」という言葉が広く慣れ親しまれ、それに答えるかのようにたくさんの便秘解消法があふれ、そもそも便秘とは何なのかを正しく理解されていないことが多いのです。

 

確かに便秘には「○○日排便がなければ便秘」というような明確な定義がありません。
一般的に、長い時間、便が腸にとどまって排泄されず、そのためにお腹が張ったり痛んだり、便の排泄に苦痛を感じたりする状態を便秘と呼びます。
この「長い時間」とは具体的にどれくらいか、というのは個人差があり、3日に1回の排便でもすっきりとした満足感があればそれは便秘とは呼びません。
毎日便が出ないといけない、と思い込んでいる人が多いようですが、あまりそこにこだわる必要はないようです。
こだわりすぎて浣腸や便秘薬を常習する方が便秘を進めてしまいかねません。
食べ物が便として排泄されるまでの時間は24?72時間と言われますから、目安として4日以上排便がなければ便秘と考えられるでしょう。

 

また、よく誤解されていることですが「便が硬いと便秘」というわけではありません。
硬い便が続いたあとに下痢をして便秘が解消されたような気がするかもしれませんが、便秘と下痢を繰り返すのはけいれん性便秘に見られる症状で、下痢も腸の働きがうまくいっていない状態と言えます。
便の硬さは必ずしも便秘とは関係なく、逆に便がやわらかくてもすっきり感がなければそれはやはり便秘なのです。

便秘の種類

特に病院にかかって治療をするほどでもないし、普段どおりの生活がそれなりに送れてしまうけれど、やっぱり不快で苦しい便秘。
便秘の症状に悩んでいる人は大変多いと思います。
それに比例して、たくさんの便秘解消法が情報としてあふれています。
あまりに情報がありすぎて、どれが効果的なのか悩んでしまいますよね。
間違った便秘解消法を続けて、治らないどころか悪化させてしまわないためにも、自分の便秘の種類を知っておく必要があると思います。

 

もっとも多いとされているのが、病気などの原因がなく習慣になってしまっている常習性便秘です。
これは便秘の症状が続いている慢性便秘のひとつで、さらに「直腸性」「けいれん性」「弛緩性」に分けられます。
「直腸性」の便秘は、直腸に便がたまっても便意をもよおすためのサインが脳に送られないことで起こります。
原因としては便意を我慢し続け、浣腸を乱用したなど、本来の便意を無視したことが挙げられます。
「けいれん性」の便秘は、腸の働きが過敏になり、便秘と下痢を繰り返します。
精神的なストレスを感じることが原因のひとつで、細く短い便が特徴です。
「弛緩性」の便秘はもっとも多いタイプです。
運動不足や腹筋がないことが原因で、腸の動きが鈍くなってしまっています。
お腹が張って苦しいのが特徴で、運動することと食生活の改善が必要です。

 

この他、急性便秘として一過性の便秘がありますが、これは環境が変わったことで便が一時的に出なくなります。
旅行に出かけると便秘をする、急激なダイエットで食事や水分摂取量が減ったら便秘になった、など思い当たる人も多いと思います。
これは原因を取り除けば自然に解消していきます。
また、嘔吐や激しい腹痛を伴う便秘の場合は、腸閉塞や腸ねん転などの病気が原因のこともあるので、すぐに病院を受診してください。