しみ消す方法

しみができやすい部分

出来てしまうと、本当にやっかいなしみですが、いったい、どの部分に出来ることが多いと思いますか。
まず、お顔は日々、紫外線にさらされていますから出来やすいですね。
お顔の中でもとくに、頬や目の周り、口の周り、額などがそうです。
頬は、お顔の中でももっとも日の光が当たりやすい部分ですから、やはり、頬のしみで悩んでいるかたは多いです。
そして、頬のなかでも、一番高い部分・・・つまり頬骨のあたりに多く出来ますね。
額を髪の毛で隠しているかたは、比較的、額のしみは出来にくいようですが、常に額を日の光にさらしているかたは、額も非常にできやすい部分です。
とくに眉の上部や髪の毛の生え際部分に、出来やすいのです。
目の周りでしたら、目尻や眼頭のあたりですね。
口の周りですと、比較的下側に出来る方が多いようです。
中には、唇そのものにしみが出来てしまったというかたもいらっしゃいます。
お顔以外ということですと、やはり手の甲などが非常に多いですね。
手の甲から、手首にかけてのあたりですか。
その部分もお顔同様に、日々、日の光にさらされていますから、どうしてもしみが出来やすいのです。
また、首などはお顔の影になったり、髪の毛で隠れたりしますので比較的しみは出来にくいのですが、やはり日の光にさらされているということではお顔と一緒なので注意が必要です。
とくにショートヘアの方などはストールを巻くなどの工夫をすると良いでしょう。
今、お話いたしましたのは、あくまでもしみが出来やすい部分としての目安でしかありませんから、その他の部分にももちろん出来ます。

どの部分であっても、油断は禁物です。

 

しみ対策

本日は、すでに出来てしまったしみに対しての対策を考えようと思います。
若いときには、しみができても、お肌のターンオーバー機能によって、すぐにアカとともに剥がれ落ちてしまったものでした。
しかし、年齢を重ねるとともに、ターンオーバーの機能がおとろえ、しみははがれにくくなり、蓄積してゆくことになります。
そういったしみに対する対策となると、やはり皮膚を活性化するのが良いということになるのではないでしょうか。
しみに働きかけて、色素を薄くするという方法もありますね。
もしくは、出来てしまったしみ、そのものをレーザーなどで削り取ってしまうという方法です。
皮膚を活性化するためには、やはり化粧品か、もしくはサプリメントが手っ取り早いということになるでしょう。
その他に、ビタミンCなどの皮膚に良いとされる栄養素を多く含んだ食事を、日々、心がけることでしょうね。
化粧品も近頃では、さまざまな美白化粧品が発売されています。
数えきれないくらいの種類がありますから、その中から、ご自分のしみに合った美白化粧品を選びたいものです。
また、しみに限ったことではありませんが、不規則な生活はお肌にとって非常に悪い影響を与えるものです。
ですから、不規則な生活をしていらっしゃるかたは、生活そのものを改めることも必要でしょう。
とくに、睡眠時間が少ないかたは、お肌にとってダメージが大きくなってしまいます。
修復するための時間が少なすぎるからです。
生活や食事をいい加減にしておいて、化粧品やサプリメントだけでしみを改善しようと思ってもそれは無理があります。
しみ対策は、トータルで考えることですね。