しみ消す方法

しみの化粧品

基礎化粧品として美白化粧品が発売されて久しいですが、あなたは使っていらっしゃいますか。
また、美容液でも美白用のものが非常に売れているようですね。
それほど、しみに悩んでいらっしゃるかたが多いということでしょう。
実際、美白化粧品や美白美容液を使用して、しみが消えたり、薄くなったりしましたか。
しみに効き目があるといわれる美白化粧品は、大きく考えると二つに分類されます。
ひとつは、メラニン色素母細胞を殺す働きのあるもの。
そして、もうひとつはメラニン色素母細胞を漂白する働きのあるものですね。
メラニン色素母細胞を漂白する働きのあるものは、見た目のしみは薄くなりますが、色素が薄くなったというだけで、しみそのものが消えてしまうわけではありません。
ということは、そのしみのさらに下部から、メラニン色素が浮き上がってくるのですが、色素がなくなったしみに邪魔をされて、その部分にメラニンが溜まっていくという現象が起こることがあり得ます。
ですから、その部分にずっと美白化粧品をつけなくてはなりません。
いっぽう、メラニン色素母細胞を殺す働きのあるものは、しみを無くしてしまうということですから、お肌のその部分が空洞になってしまいますね。
そうすると、そこが小じわになりやすいということもあり得ます。
しかし、しみは消えてくれます。
そのような成分が含まれているのが、美白化粧品です。
宣伝など惑わされず、ご自分に合ったものを選びたいですね。

 

 

しみに効果的な成分

しみに効果的な成分というのは、いくつかあります。
まず、しみに限らず、とにかく美肌に良いとされる「ビタミンC」。
これが美肌に効果的ということは、美容に関心のある女性であれば、どなたでもご存じでしょう。
これは化粧品に配合されているものであれ、サプリメントとして飲むのであれ、フルーツや野菜で摂るのであれ、しみには大変にお勧めです。
特に、喫煙をしていらっしゃる女性は、喫煙によってビタミンCがひどく消耗されてしまいますから、普通のかた以上にビタミンCを摂るよう、お勧めしたいと思います。
次に、ビタミンAである「レチノール」という成分。
こちらもまた、しみやしわに効果的とされています。
しかし、このレチノールよりもさらに強力といわれている成分が「レチノイン酸」です。
レチノイン酸くらいの強力な成分であれば、効果が現れるのが早く、変化が目に見えるほどだと思います。
しかし、あまりにも強力な成分というのは、時に、お肌に良いことだけではないこともあり得ます。
そこらへんを注意して使用する分には良いと思います。
「アルブチン」という成分もしみに良いとされている成分です。
そして、最近、脚光を浴びているのが「ハイドロキノン」ですね。

しみに効果的なレチノイン酸

しみに効果的な成分の、レチノイン酸という成分について、詳しく見てゆきたいと思います。
レチノイン酸とは、いわゆる、ビタミンA誘導体とも呼ばれている化粧品の成分です。
この、レチノイン酸は皮脂の分泌量を抑制するという働きを持っているため、もともとはニキビの治療に使用されていた成分です。
しかし、そういった皮脂の分泌を抑制するという働きの他にも、角質層を剥離させ、皮膚の基底層に働きかけることでコラーゲンの増殖をはかるというような作用も持っているのです。
そのため、しみやそばかす、小じわ、ニキビ跡などを治療する成分として、欧米などで使用されるようになったのです。
しかし、残念なことに、2008年の4月現在において、日本では、認可されていない状態です。
ただし、医療機関においては、製造や処方をすることが認められているのです。
ですから、日本国内においても決して手に入らない成分ではありませんし、欧米などへ旅行の際には、手に入れることも可能でしょう。
ただ、日本で認可されていないということは、どういうことであるのか?をよく考えてから、自己責任において購入すべきでしょう。
レチノイン酸を使用する際の注意事項をご紹介しておきましょう。
強力な作用であるため、やはり副作用もあります。
催奇形の可能性を指摘されています。
催奇形とは、奇形の子供が生まれる可能性ですね。
ですから、当然、妊娠中や妊娠の可能性がある方は使用を控えるべきでしょう。
また、お肌が非常に敏感になるため、普段以上に外出を避けたり、日焼け止めクリームを塗るなどの紫外線対策が必須です。

 

 

しみに効果的なアルブチン

アルブチンという成分は、お肌の漂白剤などと呼ばれることで広く知られていますハイドロキノンの糖誘導体であり、非常に美白効果に優れている成分です。
しみの原因になるのはメラニン色素なのですが、そのメラニン色素を合成する役割を持っている「チロシナーゼ」という酵素があるのですが、そのチロシナーゼの働きを抑制する作用をアルブチンが持っていることによります。
そして、アルブチンには、αーアルブチンと、βーアルブチンの2種類があります。
美白用の化粧品に使用されていますので、主にβーアルブチンのほうです。
この、βーアルブチンですが、自然界にも存在しており、ウワウルシというハーブに含まれているのです。
昔から、美白効果を狙って、利用されてきたのですよ。
しかし、近年、ウワウルシに含まれるβーアルブチンよりも、苔モモなどに含まれるαーアルブチンのほうが、チロシナーゼに作用する力がかなり強いとうことがわかり、そちらのほうが多くの美白化粧品に使用されるようになりました。
また、次回にお話しするつもりの、ハイドロキノンですが、ハイドロキノンはアルブチンの原型と言えますし、ハイドロキノンの誘導体がアルブチンということになります。
この辺の専門的なことはとくに覚える必要もありませんが、ハイドロキノンよりも、βーアルブチンよりも、実はαーアルブチンのほうが安全性が高いという事実があります。
そのぶん、シミに対する効果が穏やかであるということになります。
選ぶ際の参考になれば幸いです。

しみに効果的なハイドロキノン

 

しみに効果的な成分として、これまで、レチノイン酸とアルブチンについて、詳しいお話をして参りました。
今回は、ハイドロキノンという成分についてお話をしようと思います。
ハイドロキノンという成分は、美白成分として最近、とても話題になっています。
ハイドロキノンもまた、お肌の漂白剤などと言われるほど強力な成分です。
どの美白成分であっても、作用としては結局似ているものなのですが、このハイドロキノンもまた、メラニン色素を合成する役割を持っているチロシナーゼの働きを抑制するという作用を持っています。
さらに、メラニン色素を作り出す細胞であるメラノサイトの数を減らすという作用も持っています。
このハイドロキノンは、ビタミンCなどに比べますと非常に強力で、しみどころかほくろの色まで薄くなるという評判です。
それほどの作用ですから、黄色人種である日本人が使用することで、過去、白斑になる人が続発してしまったのです。
そして、その当時の厚生省が一旦、禁止したことのある成分なのですね。
しかし、化粧品の規制緩和のあと、また使えるようになったのです。
もちろん、濃度は濃く出来ませんので、1%程度のものでした。
4パーセント以上になると医薬品扱いになっているようです。
美白の効果は素晴らしいとはいえ、あまりにも濃度が薄いとその効果も期待できませんし、かといって濃度を高くするとお肌への刺激度も高くなるというので、購入する際には注意が必要です。
とくに、敏感肌にかたなどは、医師の処方に頼ったほうが良いかもしれません。
いくら良い成分とは言え、万一、炎症が起こったらすぐに使用を中止することも大切です。