しみ消す方法

しみのお薬

エステや、美容外科、アロマテラピーもいいのだけど、もうちょっと手軽で即効性がある方法ってないの?などとお考えの方も、数多くいらっしゃることでしょう。
できれば、しみのお薬などあると良いですね。
お薬であれば、化粧品よりは効き目もありそうだし、即効性もありそう。
しかも、病院か薬局に行けば、もらえるものだし、痛い思いをするわけでもない・・・。
良いですよね。
しみに塗り続けていたら、薄くなってしまうようなお薬があれば。
実際のところ、しみのお薬というのはあります。
たとえば、皮膚科で出していただくようなお薬は、以前にブログでも記事にいたしました、しみに効果的な成分・・・レチノイン酸やハイドロキノンなどがそうです。
これらのお薬は医師の管理下でなければ使用できないものですから、どうしてもしみが気になるかたは、皮膚科へ行って相談してみると良いでしょう。
また、しみはしみでも肝斑のお薬なら、コマーシャルでもおなじみの通り、簡単に手に入りやすくなりました。
多くの女性は、ご自分のしみが肝斑であるとは気付いていないらしいのですが、もし肝斑であれば、その話題のお薬(トランシーノ)で消える可能性が高いです。
このお薬は、肝斑に対しての効果が認められた日本でただ一つのお薬なのです。(2009年4月現在)
次回は、もっとお手軽に薬局などでも買える、一般的なしみに効果的なお薬をご紹介しようと思います。
皮膚科で頂くものより効果はマイルドなので、持続して使用することが大切です。

 

 

しみのお薬2

前回に引き続きまして、今回もしみのお薬についてのお話をしたいと思います。
しかも、今回のお薬は市販されているお薬で、誰でも薬局やドラッグストアなどで気軽に買えるようなものを集めてみました。
誰でも手に入るものですから、効果はマイルドです。
しかし、継続して使用することにより、しっかりとした効果を実感することができます。
また、このようなお薬というのは、もともとのしみの濃さなども影響いたしますし、非常に個人差があるものです。
ですので、早く効果が出る方もいらっしゃれば、なかなか効果が表れないかたもいらっしゃいます。
効果が遅いからといって、すぐに諦めたりせずに、しばらくの間は継続してみることをまず、最初にお話ししておきたいと思います。
それでは、具体的な薬名を出しながらご紹介してゆきましょう。
出来てしまったしみやそばかすに良いとされるL-システイン配合の「ケシミンLC錠」。
体内から、しみに直接作用するL-システイン、ビタミンC、ビタミンEを配合しました「ホワイシスLC」。
しみやそばかすだけでなく、女性に多い冷えまで改善してくれるという「チョコラEC」。
同じく、しみやそばかすだけでなく、手足の冷えにも効く「エバユースEC」。
しみやそばかすの緩和に加え、肩こりや首のこりなどにも効果的な「ユベラC ソフト」。
L-システインが高配合の「システィナC」。
L-システインに加えて、ビタミンCとビタミンEも配合した「ホワイシスLC錠」。
ビタミンがたっぷり摂れるしみ、そばかす薬として「ハイシーL」、「ユンケルC」、「サプレスBC」などがあります。

適当にあたりをつけて購入するのも良いですが、薬剤師さんなどに相談してみると、もっとご自分に合ったものが購入できるかと思いますよ。