糖尿病の症状と食事

糖尿病の食事療法について

糖尿病の食事療法で特に気をつけたいことは、外食は栄養が偏ってしまうのでなるべく控えることです。
自宅で栄養のバランスの良い、カロリーを考えた食事をするよう心がけましょう。

 

また、食事の内容だけではありません。
糖尿病の食事療法で気をつけたいことは食事の仕方なのです。
何かをしながら食事をとる、まとめて食べる、これはつい食べ過ぎてしまいます。
摂取すべきカロリーをオーバーしてしまいますので、やめるようにしましょう。

 

特にインスリン注射をしている患者さん、糖尿の薬を飲んでいる患者さんの場合は、食事の時間を規則正しくして、摂取する量をきちんと守りましょう。
それでなくてはせっかくの薬の効果が期待できなくなってしまいます。

 

もし、ご事情で外食をしなければならない方は、なるべく1日に1回の外食を限度にするようにして下さい。
糖尿病は特に口にしてはいけない食材があるわけではありません。
栄養のバランスよく食べ、一日のカロリー摂取量をオーバーしないように気をつければ良いと思います。
糖尿病の食事は特別なものではありません。
紹介されている糖尿病の食事レシピも、バランスよく栄養を取り入れ、血糖値が急に上がることを抑えるように考えられています。

 

ですから、糖尿病の食事は、健康な方でも様々な病気の予防策として実践することはとてもよいことだと思います。
もし、遺伝で糖尿病になる可能性が高い方だったとしても、こうした毎日の食事療法で糖尿病から遠ざかることも出来ると思います。
糖尿病食は、味気がない、なんとなく物足りないというイメージが先行しているようですが、実際はそんなことはないのです。
健康な方も糖尿病食をお試しになってはいかがでしょうか。

糖尿病の食事は健康食

糖尿病の方のための食事レシピは様々な工夫がされており、本やインターネットでも沢山紹介されています。
これらのレシピは糖尿病の患者さんだけではなく、健康な人が生活習慣病の予防のためにも優れたレシピだと思います。
一般に一食あたり、500キロカロリーとは言っても、通常の料理とそう変わり映えはしません。
もちろん自宅でのお食事が望ましいことですが、外食する機会の多い方は、メニューの決め方を出来る限り工夫しなければいけません。

 

外食といえば、塩気が多く、カロリーの高いメニューが多いものです。
注文する品、または食べる量、両方に気をつけることで、カロリーオーバーにならないようにすることです。

 

糖尿病と診断された人は、これからのご自分の食事がすべて味気ないものになってしまわないかと不安も覚えると思います。
ですが、そんなことはありません。
「糖尿病食」として特別なものではなく、普通の食事を少し工夫して取るだけなのですから。
手作りのレシピも、工夫次第でおいしく、ローカロリーな食事にすることが可能です。

 

まず知っておかなければならないことは、それぞれのメニューがおよそ何カロリーぐらいあるかということです。
カロリーオーバーになりそうなら、食べる量を減らすことです。
外食でもご家庭でも、麺類のスープを飲み干さないことや、フライの衣は食べない、肉の脂身は残す、などを心がけると良いでしょう。

 

食べすぎをセーブする、バランスよく食べる、摂取カロリーを守る、これを毎日守ればそれは健康食となるでしょう。
糖尿病の患者さんだけでなく、みなさんでこの健康食を実践してもらいたいと思います。

【糖尿病郵送検診キット】 肥満・運動不足が気になる方へ!【【アルバの郵送検診キット】自宅でカンタン、健康チェック!】【糖尿病郵送検診キット】 肥満・運動不足が気になる方へ!
3,675円

のどが渇く、多飲、多尿、体重減少、心あたりありませんか
Ads by 電脳卸