ウインクポイント・・目の疲れと視力とサプリメントなどの対策
○ このサイトでは目や視力、メガネ、コンタクトに関する色々な情報をお届けします。
HOME >眼の疲れ

眼の疲れ

このサイトでは目や視力、メガネ、コンタクトなどについて目に関するいろんな情報をお届けします。
このページでは眼の疲れと視力と疲れ眼に対する対策について記します。

 

パソコンや携帯電話のモニター画面やテレビ、また車の運転など眼を使うことが以前と比べて格段に増えています。そのために眼が疲れ疲れて眼精疲労などといった言葉もよく聞くようになりました。

誰でも「眼が疲れた」といった経験はありますが、たんなる眼の疲れでなく、それが長く続いたりすることを眼精疲労というそうです。

仕事や環境の変化があったり、眼精疲労にたいする対策をしないと、自然によくなることはありませんし、身体の他の部分に悪影響が及ぶこともあるようです。

近視・乱視・老眼やその矯正不良や緑内障、白内障やその手術の影響など眼自体に何らかの原因がある場合と、 かぜやインフルエンザ、更年期障害、自律神経失調症、虫歯や歯周病、耳や鼻の病気などで眼精疲労になることもあります。

その他、眼の使いすぎ、シックハウス症候群、ストレス、不眠、イライラなどから眼精疲労が起こることもあります。

 

 


眼精疲労の対策

眼精疲労に対する対策としては、まず眼そのものの検査です。視力や眼圧、眼底、視野、眼球運動などの検査を受けて、病気がみつかったら、その治療をすることです。

 

つぎにメガネやコンタクトレンズを使用している人は、それらが目にあっているかのチェックも重要です。

レンズの度数が合っているか、近視や老眼の進行によって眼鏡が合わなくなっていうにもかかわらずそのまま使用していては疲れるのも当然ですね。

その他、顔の形と眼鏡があっているか、レンズに傷がないかなどのチェックをしてみてください。

 

パソコンを使用している場合、部屋の明るさや室内の乾燥の具合、タバコの煙なども原因のひとつになることがありますので注意が必要です。

 

散歩や運動などもひとつの対策にもなりますので、自発的にストレスを発散するように心がけましょう。

眼球運動やツボのマッサージをしたり、まぶたを温めたりして積極的に眼を休めることもひとつの方法でしょう。

 

 

目にいい食品やサプリメント
 

眼にいい食品としてはクランベリーが有名ですが、その成分を抽出・高濃度化したサプリメントなどがよく販売されています。

魚に多く含まれているといわれているドコサヘキサエン酸(DHA)も細胞を活性化させ、衰えを防ぐ働きがあり、その特性が網膜の反射神経の働きを高めると言われています。

 

健康食品やサプリメントについてはあくまで食事でとることがむつかしいものをとるための補助的なものと考え、バランスのとれた食生活を送ることが第一でしょう。

しかし現代の忙しい生活ではそうもいっていられないという部分も確かにありますので、サプリメントにたよるのも一概によくないとは言い切れません。

 

nikkei.bp 健康 の目の健康講座 目的別目のサプリメントの上手な使い方によりますと、

 

--------------------------------------

■ アンチエイジングで目も若返りたいという人に

【ルテイン】


 もともと目の中の“水晶体”や“黄斑(網膜の中心部)”には、カロチノイドの一種である“ルテイン”が多く存在します。これには強い抗酸化作用があり、光線により発生する“活性酸素”を中和し、目を保護するフィルターの役割を果たしています。

しかしながら、ルテインは体内で作り出すことができず、年齢とともに徐々に減ってきます。ですから、目を守るためには体外から補わなければいけません。


 ルテインは、緑黄色野菜や果物に多く含まれているのですが、継続的に摂取するとなると、サプリメントが一番効果的です。

目の中のカロチノイド濃度が高いほど有害な光線などから目を守り、目の老化を遅くさせると考えられています。


【ビタミン】


 ビタミンC、ビタミンE、ベータカロチンが活性酸素を取り除き、ビタミンB2、ナイアシンが酸化されたものを分解する働きがあります。

これらは体調を整えたり、病気に対する抵抗力を強める働きがあり、体にとって必要不可欠なものです。


【ミネラル】


 抗酸化作用をもつ酵素の成分として、亜鉛、銅、セレン、マンガンがあります。いずれも体内に非常に微量しか存在しませんが、健康を維持するために大切なものです。

■ 疲れ目やかすみ目がひどい人に
         
   “眼精疲労”を予防したい!


【ブルーベリー】


 目の中の“網膜”には、光刺激に反応して脳に伝える働きをする“視細胞”があります。この中には“ロドプシン”というタンパク質があり、分解・再合成されることで「ものが見える」と感じています。

ところが、長時間目を酷使していくと、徐々に分解されてしまいます。


 ブルーベリーに含まれる“アントシアニン”は、“ロドプシン”の再合成を助ける作用があるために、目の疲れや見え方が改善すると考えられています。

その他にも抗酸化作用、血流改善作用、血管保護作用もあり、体にとっても優れています(参考記事:目の疲労回復や視力改善に“ブルーベリー”サプリ)。

とされています。以下、眼に良いといわれている栄養素と含まれている代表的な食品を記していますのでご参考になさってください。

 

■眼によい食べ物

ビタミンA−薄暗いところでの眼の働きをよくする。
卵・にんじん・ブロッコリー・牛乳・ほうれん草・ブルーベリー・うなぎ


ビタミンB1、B6−眼の疲れを癒す、視神経の働きを強化する
豚肉・豆腐・そば・ハム・いわし・黒豆・煮豆・ライ麦パン


ビタミンB2,B12−眼の成長を促進する、視力低下を防止する
さば・さんま・チーズ・のり・納豆・椎茸・レバー


ビタミンC−血管を強化する、白内障を予防する
イチゴ・キーウィ・ジャガイモ・さつまいも・オレンジ・大根


ビタミンD−眼の機能を整える
さば・まぐろ・きのこ・カツオ・椎茸・うなぎ


ビタミンE−眼の老化を防ぐ
きな粉・アーモンド・たらこ・いか・かぼちゃ・あじ


たんぱく質―眼の組織のもとになる
牛肉・豚肉・鶏肉の腿肉・ヒレ・アジ・いわし・さんま・チーズ


ミネラル―眼の働きを良くする
ししゃも・わかめ・じゃこ・プルーン・ブルーベリー・ナッツ類


炭水化物―眼のエネルギーとなる
パン・ご飯・ごま油・ジャガイモ・さつまいも・オリーブオイル

 

なお、調理方法や組み合わせで効果が低下する場合がありますとのことです。

-------------------------------------------------




 






わかさ生活 スーパーブルーベリーアイ / 人気のウォーターサーバー / しみ消す方法
糖尿病の症状と食事 / アロマ / ダイエット / 脱毛クリーム 通販
O脚の治し方 / いびきの防止・原因・対策 / ウォーキング
健康管理と健康増進

次へ⇒

トップページに戻る




注:当サイトに掲載している製品、デザイン、仕様、価格、などの情報は、予告なしに変更されることがあります。

当サイトはアフィリエイト・プログラムを利用して情報提供を行っているものであり、詳細確認については各商品販売、サービス提供サイトにてお願い致します。




コンテンツ

  • HOME

  • 疲れ目に

  • 視力回復方法

  • 二重まぶた

  • メガネ選び

  • コンタクト選び

  • サングラス

  • 花粉症について

  • ストレス解消に

  • リンク集


    関連情報


    ■ 目の健康や視力に関するサイトへのリンク

    東京近視クリニック

    品川近視クリニック

    神戸神奈川アイクリニック

    錦糸眼科

    快適視生活応援団

    社団法人日本眼科医会

    ひとみすこやかドットコム

     

     

    ■ メガネ、コンタクトなどの情報・販売サイト

    メガネパーク

     

     

     

     


    ■ 関連書籍

     






  • Copyright © 2013 WINK POINTAll Rights Reserved